2017/02/13

社会開発とはなんぞや


社会開発とかの仕事に関わるようになって思うこと。
過去何十年に渡って大量の金が先進各国からつぎ込まれたというのに、
なぜいまだに貧困がなくなってないのか。という疑問。

いや少しずつは改善されてきているのかもしれないが、
例えばこれまで費やした頭脳と援助金を、花に水をやるかの如く、空からばら撒くのと比べて、
果たして大きな差があったのだろうかとか、そんなことを考えてしまう。


お金を空からばら撒く、という表現をしたけれど、自分自身はマイクロファイナンスだったりBOPだったりフェアトレードだったり草の根支援だったり参加型開発だったり、そういう理念はとても大切だと思います。だからこそ、それがただのばら撒きよりもよっぽど効果的なんだって思いたいわけですが、実際にやってみるとプロジェクト自体お金もかかるし、失敗することも多い。現実にある事例として、人材と時間をかけたあげくに残ったのはばら撒いた物だけ、とかシュールすぎるでしょ。


そうならないように頑張っていきます。


日本でのいじめ問題とか見てて思うんだけど、こういうずっとなくならない系の問題に挑戦するとき、出発点の物の見方にそもそも落とし穴があったりするケースが多い。例えば「いじめっ子をなくす」キャンペーンをしたとすると、いまいじめをしてた子はそれをしなくなっても、また新しい子がいじめを始めたり。ジャイアンがいなくなったらスネ夫がガキ大将になるというあれね。独裁スイッチ参照。結局いたちごっこになってしまう。

だから個人的には、大量にいるいじめっ子候補を全てケアするより、ターゲットになりやすいいじめられっ子を底上げしてやることが正しいアプローチの仕方だと思っています。


それはともかく。
開発については、教育と少し違う。「経済成長」とか言うけど、子供に新しいことを教えたり社会性を与えたりという「成長」とは違って、途上国の村はある意味すでに一度成熟したコミュニティがあって、昔ながらの経験だったり技術もあったりする。子供ではなく、むしろ年配のおっさんや中年だと思えばいい。


つまり先進国が若者で、途上国がおっさんなんだ。と思うことにする。
そして年配の人になるほど、頑固だったり、昔の観念に縛られることが多いし、新しいことやイノベイティブなものへの適応力がなかったりするから、先進国の入れ知恵がうまく機能しないことが多いのかもなぁと。

「これまで」と「これから」を融合させる方法、これにはきっと一般解がなくて、だからこそ「社会開発」というフワッとした(もしくはちょっと怪しい)分野の専門家が存在するんだと思う。


2012/11/01

ハッピーハロウィーン


いつになったらこの雨は止むんでしょうか。
ここ数日、丸一日中降り続けてるぞ。


さて新しいプロジェクトを始めて1ヶ月になりました。
目下の対象地として考えている農園や森については、大方回り終えたのかな。
この長雨のおかげで農園に行く度にヒルに咬まれ・・足がものすごくかゆい。

ヒルは雨が降って湿った土から這い出てきて、靴を伝ってニョキニョキと登ってくるホラーな生き物です。以前も何度か被害にあっていて、慣れてくると地面を見て「ここは出そうだな・・」とか分かってきます。

そのため今回は日本からビジカジ兼用の山登りも可能な完全防水シューズをもってきて
万全を期したつもりだったんだけど、それでも靴下の上から。。というバイオハザード。

一方、同じ場所をサンダルで歩いていく農園の労働者とか、なんで咬まれないんだろうね。
あの人たちは大自然マスターか何かでしょうか。なんでおれだけ被害にあうのかわかりません。



プロジェクトの対象地域はスリランカ中央部、キャンディを拠点として、
マータレー、ヌワラエリア、ケゴール、そして昨日はバドゥッラの管轄地区まではるばると足を運んできました。
どこも車やバスで何時間もかかる道程ですが、昨日のバドゥッラはなかでも一番大変。


なにしろ、霧がすごい。


日本人なら身の危険を感じて出歩かないレベルの濃霧のなかを、
しかも険しい山道のなかを、何時間も運転しつづけるランカ人はすごいなーと思います。
目の前の数メートル先すら見えない状態で、一歩間違えれば崖からまっさかさまという場所でした。


これからしばらくは遠出することは少なくなり、身の危険も少なくなりそうですが
そろそろちょっとしたデスクワーク+コーヒーの輸入・輸出の話を進めていかないといけません。

いままで会った人物の相関関係とか、黒い噂の整理とか。
政治家や公務員、ビジネスマンが絡むと必要以上に余計な心配事が増えてくるので大変です。


色んなものが晴れると嬉しい今日この頃です。

2012/10/15

鬼が島の冒険

週末にカウンターパートたちと一緒に、
東海岸のトリンコマリーに行ってきました。

電力施設のバンガローみたいなところに泊まり、
海辺ではなぜかスリランカアーミー、エアフォース、スペシャルフォースといった
蒼々たる面子と飲んでは泳ぐを繰り返すというはっちゃけぶり。


10年ぶりくらいの海水の味は、しょっぱ過ぎました。。
海ってなんかこう、もっと美しいものが見れると思ってたのは、幻想だったんだな。


STF(スペシャル・タスク・フォース)の軍人はLTTEとの紛争でも活躍したというツワモノですが、
外見はただの腹の出た飲んだくれのおっさんだったのが衝撃的。
この人も紛争時は敵兵を殺したりしてたんだろうか・・想像がつかない。


カウンターパート曰く、
なんでかこれからのプロジェクトを進めるにあたって、
こういう人たちと顔なじみになっておいたほうがいいとか、
そんな理由も兼ねてのトリンコ旅行だったようです。嘘つけー!!

しかし、犬(Army)、猿(STF)、雉(AirForce)と例えると、
確かに彼らを味方につけたら完全に桃太郎さんの最強布陣だよな。
あれ、おれはたしかコーヒーのプロジェクトで来たんだけど。。きび団子とはこれ如何に。


さてさて、
これでキャンディに到着してからの最初の一週間は怒涛のように過ぎ去ったのですが、
一転してここ数日は何もすることがなくなってしまいました。

まずは自宅のガスとか冷蔵庫を手に入れたいんだけれど、
手伝ってくれるはずのお手伝いさん、約束してたのに来ないんだもんな。
住み始めて一週間経つのにガスと冷蔵庫がないなんて餓死してしまうよ、パトラッシュ。

そしてプロジェクトサイトにも個人でどんどん足を運びたいんだけど、
色んな事情があってかそれもすぐには出来ないみたいです。

とりあえずはこれからスリランカを訪問してくるという私の日本人ボスを待って、
今週中にしっかり作戦を練らないとなーと思います。


外は超大雨。季節は雨季に入ったようです。

2012/10/09

ついに一人暮らしです。エサ募集中。


なんだか色々とあって、またスリランカにいます。
10月1日に来スリしてきたんですが、やっとキャンディ県に住居が決まり、
新しいプロジェクトを開始する準備が整ってきました。

今回はJICAではないですが、仕事の内容はまた徐々に触れていければと思います。
というか、7月以降ブログを更新していなかったにも関わらず、
スリランカ協力隊員の何人かはたまにチェックしてくれてたみたいで、かたじけない想いです。


どうやらこのサイトの右上に貼り付けてある金魚のエサやりゲーム(?)が
そこそこ好評みたいですね。


昨日は早速カウンターパートの人と、
ケゴールとヌワラエリアの県境らへんにあるというお茶畑に行ってきました。

ヤティヤントタ。聞いたことない。

キャンディから車で3時間、そしてフィールドワーク5時間、会議が3時間、そして車3時間で帰宅。
色んな虫に咬まれました。全身筋肉痛です。朝早くて寝不足です。

こっちに来てから一週間、こんな感じでかなり飛ばしてきたので、
さすがに今日はお休みをいただきました。

このカウンターパート、なかなか骨がありそうで楽しみです。

来週以降の予定は未定。何か面白いことができたらいいなーと思います。

2012/07/21

ニートと実家暮らし 山手線にのると大体逆方向なのはなぜ


あいさつ周り系がようやく一段落して、
そろそろ短期でも仕事を探しはじめました。

それにしても面接とか地味に緊張する。
シンハラ語で話すときはあまり緊張と無縁だったのが不思議。
日本語で話すとやたら緊張してしまうのはどうしてだろうね。

九州と北海道と東北と北陸に行きたかったんだけれど、
結局今月に九州のほうに行けなかったのがとても残念。
とりあえず宮城には行けたから良かったけどね。

被災地は友達に案内してもらって、亘理町と山元町という二つの場所を見てきた。
みてきたというのは、本当にただ見てきただけなので、
ちょっとだけだけどおいしいもの食べたりしてお金を落としてきたのはせめてもの復興支援。
海鮮丼おいしかったです。

沿岸部の公園の遊具がものすごい方向にひしゃげていたりして、
津波の威力というものを実感したよ。
しかし津波があんな内陸部まで押し寄せるというのは、沿岸部にいても想像できなくて、
もしこれが自分の立場だったら、津波を見入ってしまってもおかしくないと思う。

もう一年も過ぎて、復興事業も始まってるんだなーと実感したんだけど、
考えてみればもう一年以上も経ってて、まだこんな状態なんだよなと。

日本のスピードは速いのか遅いのか、良くわからない。
15分で着くはずだったのに45分もかかってしまうなんて不可解だ。

2012/07/14

ニートと実家暮らし 2年前のことなんて覚えてない

帰国して早20日ほどが経ちました。
日本にいると時間の流れが本当に早く感じます。

そして協力隊経験者が体験するであろう’帰国ハイ’なる状態からも
早くも脱しようとしているようです。

早く仕事始めたい。

しかし焦るテンションとは裏腹に、未だに身辺が落ち着いていません。
挨拶回りもしていないところがあるし、スーツケースだって片付いていません。
いや、スーツケースは猫が寝床にしているから片付かないだけなんだけど。

なんでこんなにまだ慌ただしいのかというと、
帰国後の諸々の手続きがトラブル続きなんですよね。

まず携帯電話。
解約作業にミスがあって、毎月利用料金が引き落とされていました。
それで料金返還交渉中。まあほぼ100%むこうのミスらしいので、返してくれるそうですが。
スリランカからなんか祟り神でも連れてきてしまったのだろうか。。

次に失業手当。
すぐに仕事はじめられれば関係ないんだけど、
心の余裕としてちょっとは当てにしてたわけですよ。
なのに「申請期間の延長手続きがされていません」だそうです。

あれれー 何回かハローワーク行った記憶あるんだけどなー おかしいなー

しかし2年前の記憶では細かい手続きの内容など覚えていないので強く主張できない。。
いま確認してもらっていますが、これは多分降りないっぽいですね。働こう。

最後にもう一つ。
ハローワークの帰りに某牛丼チェーン店にいって牛丼定食を注文したんですよ。
やっぱ日本のチェーン店は速いです。注文して2分くらいで出てきました。

2年以上ぶりの牛丼・・いやー美味ですなぁ・・とかいって堪能していたらね、
その2分後くらいに本物の牛丼定食が運ばれてきました。
店員さん見事な間違いです。おれが食べてたのは隣の席のおじさんの生姜焼定食でした。
おじさんマジゴメン。だがおれは悪くないんだ。I ate Gyu-don for the first time in this 2years なんだ。

まあ牛丼にしては味付けが少し複雑だと思ったよ。
もちろんおれは首を横に振りながら必死に謝った。

自分に非がなくても謝ってしまうあたり、
順調に日本人に戻りつつあるなーと実感しています。


2012/06/30

ニートと実家暮らし

2012年6月20日、無事2年間のネバーランドもといスリランカ生活を終え、
我らが大日本帝国に帰還いたしました!!イェイ!!

とまあ約2ヶ月間ほど放置していたこのブログ、 「もうどうせ誰もアクセスしてこないだろっフヘヘ・・」
とか思っていたら、 帰国5日前くらいに初めて会った新規スリランカ隊員から「ブログ読んでました!!」との衝撃のカミングアウトが。


どこかで誰かが見てくれている、そんな大切なことを思い返し、
帰国後編を少し付け足したいと思います。


JICA協力隊員は出発日から数えてきっちり2年後のその日に帰国、 その後平日3日間は東京のオフィスで研修を受けます。健康診断も受けます。 これらが地味にハードでした。
胃腸にもボディブローのように効いてきました。 平穏にJapan Lifeを過ごしていますが、未だに疲れを引きずっており、今頃のブログ更新となりました。 ただいま帰国後約1週間です。

日常会話に メ~ とか エーキヤンネ~ とか モカッダ!? とか出てくることも少しずつなくなり、 ご近所にセイロンティーを配る毎日も段々と落ち着いてきました。

日本の社会は予想通りとてもスピーディで、
例えば僕らは20日の夕方に空港について、親が車で迎えに来ていたんですね。
なので悠々自適に自家用車で実家まで帰宅したわけですが、 なんと、家の周辺の風景が道路工事により2年間で一変!! 車を降りて歩きだそうとしたら、
親に「お前何処行くんだ、家ココだぞ」と言われて 初めて自分の立っているところに実家があると気付いたくらいです。


恐るべし浦島太郎現象・・ 日本社会は絶えず変化しつづけていること身を持って体験できました。


家族の近況についても帰路の車のなかで色々と聞きました。 外国にいる親戚が遊びに来ていること。少し前に結婚した兄夫婦と家族の関係。

しかしそんなことはどうでも良い。

一番の問題は、2年間の間に我が弟が真正のニートになっていたということ・・
自分が実家に帰ったら、家のなかにニート二人。 2Neet。 
K-popアイドル風に書いてみたが、これは重い。。
母親の作った夕食の味付けに、やたらとケチを付け続けていた弟・・月日は無情なり。
残念だがお前は海原雄山ではないんだ。


ということで、おっさんとの二人暮らしのあとは、めくるめくNeetとの実家暮らしが待っていました。
自分だけでも早く日本社会に復帰できるように、持って帰った紅茶をズズーっと啜りつつ頑張ります。